8:00~17:00
定休日/土・日・祝日

24時間365日受付中
お茶/日本茶の通販
株式会社 中山商店
〒437-1615
静岡県御前崎市門屋1876
【TEL】0537-86-3445
【FAX】0537-86-3446
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日・祝日

お茶・日本茶・静岡茶の通販サイト
中山商店|静岡県御前崎市


お茶を知ろう know

お茶の歴史

お茶の起源
中国に古くから伝わっている神話から三国時代の天地開闢説による伝説が茶の始まりを伝えています。 紀元前2700年頃の天地創造時代の神話「中国神話」もインド伝説も共に作り話といわれるほど根拠のない話ではありますが、 舞台が中国であることは一致しており、茶の始まりは中国であり、茶が昔から薬用効果があると言われ特に不老長寿の霊薬としての神秘的な薬用効能が重視され、 宗教と結びつき、一般的な飲み物となる前に宗教的・政治的・儀式的なものとなり禅や茶道に発展するのも、この発祥の神話に基くものと言われております。 茶が文献にあらわれるのは三国志 (西暦242年~283年) の時代、この時代より古くお茶は受け継がれているのです。

日本への伝来、そしてお茶は「日本の文化」へ。
唐の時代にはお茶を飲む習慣が中国全域の庶民の間に広まり、760年ごろ文人・陸羽(りくう)はお茶のバイブル「茶経(ちゃきょう)」で新しい飲み方を提唱します。器や水を選び抜きお茶を文化にまで高めました。 仏教とともに日本に伝わった茶は禅の修業にも使われ、江戸時代には庶民にもお茶を飲む楽しみが広がりました。 現在では誰もが家庭で楽しむお茶の種類も豊富になり、お茶を楽しむ習慣は古来より引継がれています。

[中山商店おすすめ] おいしいお茶の淹れ方

おいしいリーフティー(日本茶・緑茶)の淹れ方/4月のつゆひかり

おいしい冷茶(日本茶・緑茶)の淹れ方/つゆひかりパウダー

おいしい冷茶の淹れ方/つゆひかりティーバッグ(ティーパック・ティーバック)

お茶の正しい保存方法


01/
未開封のお茶は冷蔵庫で保存する
未開封のお茶は、袋のまま冷蔵庫で保存して下さい。なお長期保存される場合には、冷凍庫の方をお奨めします。
※冷蔵庫等に保存しておいたお茶を取り出す時には、直ぐに開封すると、水滴が付き、湿気を吸ってしまいますので、しばらくおいて常温に戻してから開封してください。
02/
開封後の保存方法
封を開けたお茶は、茶缶などの密封容器に移し、冷暗所に保存しましょう。
※なるべく気密性の高い容器に入れて冷暗所に保存しましょう。
※湿気に弱いのでご家庭での冷蔵庫、冷凍庫での保存はお勧めしません。どうしても冷蔵庫で保管したい場合には、他の食品からの臭いの吸着の問題、冷蔵庫取り出し時の結露の問題等に十分に注意しましょう。

03/
小分けに保存する
お茶の味を充分お楽しみいただくためには、長期保存はおすすめできません。 1ヶ月程度で飲める量をその都度お買い求めていただけると理想的です。お茶を購入する際には100g詰めにしてもらうなど、小分けしてもらいましょう。
04/
なるべく早くお召し上がりください
お茶は鮮度が第一。上級なものほど味の変化は早いものです。開封後はなるべくお早めにご賞味下さい。

製造工程


中山商店、おいしいお茶の製造工程をご紹介します。
01/ 仕上茶乾燥機(火入機)
荒茶を乾燥させると同時に、独特なお茶の香りや味を引き出します。
02/ 総合仕上機
ふるい分け・切断して形状を整え、きれいにます。
03/ くき茶選別機
太い茎や細かい茎を取り除きます。
04/ 合組機
製品の調整・ブレンドの均一化をします。
05/ 審査
完成した製品の味・香り・形状の審査をします。
06/ 包装
完成した製品は計量され、袋詰めします。